あらゆるチームワークのための情報共有ツール、プロジェクト掲示板

機能

掲示板の諸機能

宛先の指定

掲示板投稿や回答時に参加者リスト内の宛先を指定すると、記載を送信した時点で、指定された宛先の登録メールに記載されたことを自動的に通知し、閲覧をうながす機能を持っています。。
通知された者は、メール記載のアドレスからすぐに掲示板を開くことができ、連絡をより確実なものにします。

投稿ボックスの宛先選択

プロジェクト参加者が宛先リストに表示されます。

既読確認機能

掲示板には閲覧の確認チェック欄があり、連絡の確実さを確認することができます。

確認チェックBox

チャット(会話)機能を持つ回答欄

回答欄では、やり取りを連続させるチャット機能を持っています。それぞれに宛先の指定や、ファイルを添付することができ、一つのテーマを効率よく結論までみちびく手助けをします。
回答欄へカーソルを移動すると表示される”回答する”をヒットして回答します。

回答欄のチャット

ファイルの添付機能

掲示板の記載や回答には、ファイル添付機能があり、いずれも大きなファイルの添付が可能です。

プロジェクトやユーザーなどの管理機能

プロジェクト/アカウント数

契約容量内であれば、設定するプロジェクトやID数に制限はありません。多数のアカウントによる多数のプロジェクトの運用が可能です。

3種類のアクセス権

アクセス権は、「マスター管理者」「案件管理者」「案件参加者」の3階層に設定されています。建設会社が多数の現場を運営する場合のアクセス権の設定イメージは次の図のようなものです。

 

[マスター管理者]

次のようなことができます。
・全ての情報の閲覧
・プロジェクトの作成
全てのプロジェクトの基本情報管理
アカウントの作成、編集、参加プロジェクトの設定
プロジェクト管理者の参加範囲の設定
現場監督(プロジェクト管理者)がどの現場を担当するかは、この権限で設定します

[プロジェクト管理者]
現場監督員など、運営会社の社員が持つ権限で、次のようなことができます。
・プロジェクトへの参加
・プロジェクト基本情報の管理
・プロジェクト参加者(サブコン等)の選択/削除
プロジェクト参加者のID登録/編集
複数の現場の管理者になること(マスター管理者による設定が必要)

[プロジェクト参加者]
サブコンや設計事務所、施主など案件に参加する人の権限で、次のようなことができます。
・プロジェクトへの参加(プロジェクト管理者以上の権限による設定が必要)
・ログインページからのIDの登録
・自分のID情報の編集

完了案件の管理機能

完了案件を別の領域に移動して管理する機能によって、稼働中の案件を把握しやすくします。
完了案件はいつでも参照することができますので、過去案件に含まれるデータを貴重なストックとして活用することが可能です。
また、完了案件を稼働案件に戻すこともできます。

完了案件リスト

マイページ機能

各アカウント権でアクセス可能なページリストをマイページとしてメニューバーに表示します。マイページから容易に権限範囲内の各種作業に移動することができます。

掲示板の検索機能

掲示板に付属したフリーワード検索機能によって、すべての記載内容から該当する語を含む投稿が表示されます。
この機能によって、時系列で登録された各種記録を分類された記録として活用することが可能になります。

データ量の表示機能

案件ごとの使用データ量は案件リストにリアルタイムに表示されます。また基本情報ページでは全体のディスク使用量をいつでも確認することができます。

データのダウンロードサービス

データの一括ダウンロードサービスを用意しています。
事情により、全データまたは案件をダウンロードする必要がある場合には、別途お問い合わせください。

 

 


PAGETOP
Copyright © l-cloudsys.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.